オリンピック観戦チケット当選発表!〜購入手続きは7月2日まで〜今後の流れ

〜東京2020オリンピック観戦チケットに当選!今後の購入手続きをまとめると〜
購入手続きは6月20日から2019年7月2日まで。
●まずは公式サイトにて来場予定者の登録。
●当選チケットについて、来場・観戦者の氏名登録と連絡先の確認。
※来場予定者の連絡先は購入者と同じ連絡先を登録。
※来場予定者の変更は競技開催当日まで、購入者のマイチケットの購入履歴から変更が可能。
※来場予定者として登録した人のみが会場に入場可能。

●チケットのタイプ・配送先の登録
「モバイルチケット」、「ホームプリントチケット」、「紙チケット(要手数料)」の3種類から選択する。

●支払方法を選択(使えるクレジットカードはVISAのみ!)
支払金額が30万円以上の場合はVISAカード決済のみとなる。
※VISAカードは、東京オリンピックで唯一の決済スポンサーである。チケット購入を含む会場で使える唯一の決済ブランドがVISA。

チケット購入や会場での予期せぬ事態に備え、オリンピック観戦を予定している人は、少なくとも1枚、VISAカードを作っておくことをお勧めする。(東京オリンピック公式VISAカード(TOKYO2020 OFFICIAL CARD)は公式サイトから申し込みが可能。)
旅行保険や空港ラウンジの無料使用など付帯機能が高いゴールドカードを無料で取得したいと考えている場合には、
セブンカード・プラス・ゴールドVISAカード、
イオンゴールドカードVISA、
NTTグループカードゴールドVISA、
三菱UFJ-VISAゴールドなど
年会費無料のVISAゴールドカードも。オリンピックに際しては高額決済ともありえるので、ポイント優遇など様々な付加価値やサービスが付帯するゴールドカード取得も検討のひとつかもしれない。

[[注意事項]]
※購入手続期間を過ぎた場合、当選したチケットの購入権利は、すべて無効となる。
※当選後に枚数の変更やキャンセル等は一切不可。
※複数のセッションに当選した場合、チケット代金の支払は、当選分の金額を一括で支払う必要があり、一部のチケットのみの支払は不可。

ちなみに、ラッキーすぎて想像以上の枚数に当選してしまい「破産宣告!」する人も出ているようで。。


オリンピック観戦チケットに落選〜まだ間に合う!

2020年東京オリンピック当選発表!公式チケット販売サイトでは118万人待ちも発生。
2020年の東京オリンピック観戦チケットの当選結果が、6月20日から公式チケット販売サイトで確認できるようになった。6月20日には、公式サイトへのアクセスに100万人以上待ちになる現象も発生した。
また、1時間以上も待ちサイトにアクセスしたものの、以前行ったはずの「申し込みが完了していなかった!」ことが発覚し、チケットを取得できなかったという人も発生した。
 例:電話認証に二日間かかった末、申し込みができていなかったという東京都の女性会社員は「システムが複雑すぎてどこで間違えたか分からない。」と。(組織委員会発表・東京新聞参考)

落選してもまだチャンスはありそう!
今回の抽選に落選してもまだチャンスはある。大会組織委員会のサイトによると、2019年秋以降に先着順販売が開始される。また2020年春には「公式チケット販売サイト」「東京都内に公式チケット販売所が設置」「公式リセールサービス」が開始される。

公式リセールサービスとは、既に当選した人が何ら間事情によりチケットを手放す場合があるため、2020年春以降に「公式リセールサービス」が開始される。公式リセールサービスでのチケット販売価格は、定価(公式価格)での販売となる。リセールが成立した場合、リセール出品者は成約手数料を支払う。(組織委員会参考)

ちなみに、抽選のために登録されたIDの数は754万に達している。
(組織委員会発表・東京新聞参考)

公式リセール(再販売)は2020年春以降に!

・2020年春以降からサービス開始予定。
・公式チケット販売サイト以外で、チケットをリセールすることは不可。
・公式リセールサービスに出品されるチケット価格は定価(公式価格)となる。
・リセールが成立した場合、リセール出品者は成約手数料を支払う。
・公式リセールサービスの詳細は、情報が入り次第、随時当サイトで情報を掲載していく。
(組織委員会参考)

追加販売の情報は、随時当サイトで情報を掲載していくが、今後はチケットの種類や枚数が限定的であることから、再びアクセス集中による混乱や高倍率の争奪戦となることが予想される。

以下のようなキャンペーン応募なども検討してもいいかも。
・東京2020観戦チケットが当たる、パナソニックの商品購入でポイントをためて応募できるキャンペーンあり。
・近畿日本ツーリストからは,メルマガ登録でオリンピック観戦ツアーが当たるキャンペーンを行っている。

東京オリンピック「観戦チケットが当たるキャンペーン」「観戦付きツアー応募」

・東京2020観戦チケットが当たる、パナソニックの商品購入でポイントをためて応募できるキャンペーンあり。
・近畿日本ツーリストからは,メルマガ登録でオリンピック観戦ツアーが当たるキャンペーンを発表している。




オリンピックチケットの禁止事項

東京2020のチケットについては,以下の行為は公式に禁止されています。
なお、2020年春以降開始予定の公式リセールサービスは認められています。

以下、チケットの禁止事項
・観戦チケットの転売
・オークションサイト等での転売
オークションサイト等に出品されたチケットは、全て無効化され、そのようなチケットでは会場に入場できない。

なお、以下のサービスでは、東京2020観戦チケットの出品は運営会社により禁止されている。
・フリマ・オークションサービス事業者
「メルカリ」(運営会社:株式会社メルカリ)
「ヤフオク!」(運営会社:ヤフー株式会社)
「ラクマ」(運営会社:楽天株式会社)
「チケットストリート」(運営会社:チケットストリート株式会社)
「チケット流通センター」(運営会社:株式会社ウェイブダッシュ)
(組織委員会発表参考)

TOKYO 2020 IDの不正利用は禁止
・複数のIDを取得し、抽選申込を行うことは禁止。
・IDおよびパスワードを第三者に利用させる行為や、これらに関する権利等を貸与・譲渡・売買・質入れ等する行為も禁止。
・これらの行為は、東京2020大会組織委員会公式サイト・サービス利用規約または東京2020チケット購入・利用規約によって禁止されており、発覚した場合には、申込、当選、購入済のチケットを無効となる場合がある。またサービスの利用資格を停止される場合がある。
(組織委員会発表参考)

チケット券面上には、名前が記載され「身分証明書等」と照合される。
東京オリンピックのチケット券面上には「名前が印字」され、会場では本人の照合・確認がされることから、「身分証明書等」が必要となる。(組織委員会発表参考)


チケット申し込み人数、抽選倍率は非公表 抽選チケット締め切り

インターネットを通じた2020年東京五輪のチケット抽選申し込みが29日正午に締め切られた。
東京オリンピック大会組織委員会は、申し込みの人数や枚数を公表しなかった。
抽選対象となるチケットの枚数も非公表となっている。
組織委は5月29日、チケット申し込みの準備として氏名や電話番号を入力するインターネット経由の“ID登録”に、約750万人が登録したと発表した。しかし登録者のうち実際に申し込んだ人数や枚数(抽選倍率)は「販売戦略上、倍率を類推させたくない」として明かさなかった。(参考:組織委員会発表・東京新聞2019年5月30日)

オリンピックチケット抽選、取得までの流れ

2019年4月18日〜:インターネットサイトからID登録
5月9日〜29日:抽選申し込み期間(トラブル続出)
5月29日:申し込みを12時間延長して〆切(申込み人数・枚数の公表はせず)
6月20日〜7月2日:当選発表・購入
(参考:組織委員会発表・東京新聞2019年5月30日)


東京五輪チケット申し込み=5月29日午前11時59分まで延長!

2020年の東京オリンピックの観戦チケットの最初の販売となる抽せん販売の申し込みは、2019年5月28日の夜に締め切りの予定であった。

しかし、インターネット申し込みの混雑から、急きょ、締め切りを12時間延長し、5月29日午前11時59分まで受け付けることに変更された。

【経緯】東京オリンピックの観戦チケットの最初の販売となる抽せん販売の申し込みは、2019年5月9日に、インターネットの公式販売サイトで始まった。

当初の締め切りは5月28日の午後11時59分とされていた。

オリンピック大会組織委員会によると、27日夜、公式販売サイトの申し込み手続きのページに入る待ち時間が1時間半程度(90分待ちなど)生じたこともあったということで、締め切り直前となる5月28日夜はさらに混雑してアクセスしづらくなることが予想され、 急きょ、締め切りを12時間延ばして29日午前11時59分まで受け付けることとなった。
なお、これまでに手続きを進めていた人の中には、販売サイトの買い物かごの中に希望のチケットを保存した状態のまま、申し込みを完了していない人もいるため、大会組織委員会では「既にインターネット申し込みをした人は、申し込みが完了していることを改めて確認してほしい」と注意を促している。 (オリンピック組織委員会発表・NHK報道を参考)
オリンピックチケットの取得までには、まだいくつかハードルがあることが予想されることから、当サイトではチケットに関する関連情報を随時提供していく。


東京オリンピックチケット申込み方法・予約方法

東京オリンピックの観戦チケットの最初の販売となる「抽せん販売」の申し込みは、2019年5月9日、インターネットの公式販売サイトにてスタート!
インターネット抽選予約で第2希望まで申し込みが可能。
オリンピック大会組織委員会によると、インターネットによる公式販売予約サイトの申し込み手続きのページに入る待ち時間が90分待ちになるなど、混乱も発生している。
チケット全体の平均価格は7,700円

東京五輪チケットの価格 平均価格は7,700円

東京招致委員会が国際オリンピック委員会(IOC)に提出した立候補ファイルによると、2020年のオリンピック東京大会では、チケットは「誰もが見ることのできる手ごろな価格」に設定されるとのこと。

開会式が2万5000〜15万円。
陸上や水泳といった人気競技の決勝などで最高3万円。
チケット全体の平均価格は7,700円
販売されるチケットの約60%は4,400円以下の予定。

インターネットを通じて販売される。
(参考:日本経済新聞)

2020年東京五輪は7月24日〜8月9日の16日間、最大28競技の熱戦が計37の競技場で繰り広げられる。
開会式は2020年7月24日午後8時開幕。
約5万4000人収容の国立競技場(東京・新宿)を約8万人収容できる「オリンピックスタジアム」に建て替え、メイン会場となる。


 東京オリンピックのホテル予約

 オリンピックの歴史
 東京オリンピック「観戦チケットが当たるキャンペーン」「観戦付きツアー応募」

 東京オリンピックの競技種目とオリンピックの公式チケット価格

 オリンピックではVISAカードしか使えない

 オリンピックチケット敗者復活戦…8月再販売、先着順販売は中止!

 オリンピックチケット追加抽選の受け付けを8月8日に開始