東京五輪チケットの価格 平均価格は7,700円

東京招致委員会が国際オリンピック委員会(IOC)に提出した立候補ファイルによると、2020年のオリンピック東京大会では、チケットは「誰もが見ることのできる手ごろな価格」に設定されるとのこと。

開会式が2万5000〜15万円。
陸上や水泳といった人気競技の決勝などで最高3万円。
チケット全体の平均価格は7,700円
販売されるチケットの約60%は4,400円以下の予定。

全国4万店のコンビニエンスストアやインターネットを通じて販売される。
(参考:日本経済新聞)


2020年東京五輪は7月24日〜8月9日の16日間、最大28競技の熱戦が計37の競技場で繰り広げられる。
開会式は2020年7月24日午後8時開幕。
約5万4000人収容の国立競技場(東京・新宿)を約8万人収容できる「オリンピックスタジアム」に建て替え、メイン会場となる。



東京五輪チケットの販売は「ぴあ」が有力

前回の日本開催時、冬季の「長野オリンピック」では、日本でオリンピックチケットを単体で購入できるのは「ぴあ」だけでした。
2020年のゲームでも、チケット販売業者は「チケットぴあ」なると思われます。

チケット付のツアー旅行は、下記の各社から発売になると思われます。
発売時期については、現在のところ個別に問い合わせる必要があります。
〇JTB
〇近畿日本ツーリスト
〇HIS
〇日本旅行
〇阪急交通社
〇トップツアー
--> 東京オリンピックのホテル予約

--> オリンピックの歴史