オリンピックチケット敗者復活戦…8月再販売!

2020年東京五輪の観戦チケット販売で、大会組織委員会が8月にも、「敗者復活」となる追加の抽選販売をする検討をしていることが4日、分かった。
初回の抽選に申し込んだが1枚も当たらなかった人に配慮した。
ただし全ての競技が対象となるのではなく、会場の収容人数が多く、販売するチケット枚数が多い団体球技などの一部競技が対象となるようだ。
初回の抽選申し込みでは、公式販売サイトへのアクセスが殺到して待ち時間が数時間以上に及ぶなど高い関心を集めた。

8月の追加抽選の実施は大きな反響を呼びそうだ。

また、秋以降に実施するとしていた先着順販売は、アクセス集中によるシステムへの負荷が懸念されるために取りやめるとのこと。
「敗者復活」の販売方法が拡充されたのとは対照的に、まだチケット手配をしていなかった人にとっては残念な方針転換かもしれない。

◆◆チケット販売のスケジュール◆◆
2019年6月20日 初回チケットの結果発表
7月2日 購入手続き締め切り
8月 敗者復活の販売を開始
8月22日 パラリンピックのチケットの申し込み受付開始予定
2019年秋 先着販売が中止になり、2次抽選を実施予定か
2020年春 東京都内にチケット販売所を開設

※初回抽選では、5月29日の締め切り時点で、ID登録の件数が約750万件、販売サイトへの累計アクセス数は2400万件に到達。
2020年の春には都内に販売所を設けることとなっている。

なお、チケット購入に際してはクレジットカードの利用の場合はVISAカードのみに制限される。
加えて、チケット金額が合計30万円以上の場合には現金で支払うことはできないので、VISAカードが唯一の支払い方法となる。
オリンピック会場での買い物などの際にも、利用できるのはVISAカードのみとなる。
オリンピック公式VISAクレジットカードである必要はないが、VISAカードを検討する必要がある。
(JOC、産経新聞、日経新聞、東京新聞、共同通信参考)

オリンピックチケット購入にはVISAしか使えない!

●東京オリンピックでは、チケット購入に使えるクレジットカードはVISAのみ。
さらに支払金額合計が30万円以上の場合は、カード決済(VISAカード決済)のみとなる。
VISAカードは、東京オリンピックで唯一の決済スポンサーであり、チケット購入を含む会場で使える唯一の決済ブランドがVISA。

チケット購入や会場での予期せぬ事態に備え、オリンピック観戦を予定している人は、少なくとも1枚、VISAカードを作っておくことをお勧めする。(東京オリンピック公式VISAカード(TOKYO2020 OFFICIAL CARD)は公式サイトから申し込みが可能。)


[[注意事項]]
※購入手続期間を過ぎた場合、当選したチケットの購入権利は、すべて無効となるので、それを避けるためには全てのチケットを購入するしかない。
※当選後に枚数の変更やキャンセル等は一切不可。
※複数のセッションに当選した場合、チケット代金の支払は、当選分の金額を一括で支払う必要があり、一部のチケットのみの支払は不可となる。


旅行保険や空港ラウンジの無料使用など付帯機能が高いゴールドカードを無料で取得したいと考えている場合には、
セブンカード・プラス・ゴールドVISAカード、
イオンゴールドカードVISA、
NTTグループカードゴールドVISA、
三菱UFJ-VISAゴールドなど
年会費無料のVISAゴールドカードも。オリンピックに際しては高額決済ともありえるので、ポイント優遇など様々な付加価値やサービスが付帯するゴールドカード取得も検討のひとつかもしれない。

つまり当選枚数が多く30万円を超える場合は、VISAカードでの支払いに限定されることになるということ。 当選倍率はそこそこ高いようなので、チケットに当選しただけでもラッキーなことなのですが、支払い方法には検討が必要となる。

東京オリンピック「観戦チケットが当たるキャンペーン」「観戦付きツアー応募」

・東京2020観戦チケットが当たる、パナソニックの商品購入でポイントをためて応募できるキャンペーンあり。
・近畿日本ツーリストからは,メルマガ登録でオリンピック観戦ツアーが当たるキャンペーンを発表している。





 東京オリンピックのホテル予約

 オリンピックのチケット予約

 オリンピックの歴史

 東京オリンピック「観戦チケットが当たるキャンペーン」「観戦付きツアー応募」

 東京オリンピックの競技種目とオリンピックの公式チケット価格

 オリンピックではVISAカードしか使えない

 オリンピックチケット敗者復活戦…8月再販売、先着順販売は中止!