東京オリンピック 観戦チケット・ホテル宿泊付きツアー

現在ホテル予約サイトでは、「東京オリンピック開催記念プラン」などが企画されているが、東京オリンピックの公式スポンサーでもある「JTB」「近畿日本ツーリスト」からツアー予約販売が行われる。また観戦チケットも同時に入手できるというメリットも。
東京2020オリンピックオフィシャルパートナーでもある「JTB」「近畿ツーリスト」は、観戦チケットを優先的に確保する事ができることから、抽選倍率の高い人気競技チケットなど、多くの競技チケット付きツアーが販売される。まずは応募・申込みを検討するといいかも。

世界中から応募が可能なため、海外からの予約も早い時期から埋まっていくと考えられる。(みずほ総研のレポートによると、2020年には東京のホテルは4.4万室が不足するとの試算も。)
オリンピック観戦時には、高額なチケット代に合わせて、ホテル代も高騰することが予想される。2012年のロンドンオリンピック大会では、ロンドン市内のホテルが通常の2倍から4倍までホテル宿泊料金が高騰した。(通常平均80〜120ポンドであるところ、オリンピック期間には200〜410ポンドまで値上がり。)
早いうちに低価格ホテルを予約(booking)しておくことをお勧めする。
ちなみに、Boooking.com などのサイトでは、最安値検索とともに、キャンセル無料の宿泊予約もできるようになっている。


東京オリンピック「観戦チケットが当たるキャンペーン」「観戦付きツアー応募」

・東京2020観戦チケットが当たる、パナソニックの商品購入でポイントをためて応募できるキャンペーンあり。
・近畿日本ツーリスト(Knt)からは,メルマガ登録でオリンピック観戦ツアーが当たるキャンペーンを発表している。
・JTBは,豪華客船のスイートルームも選択可能なクルーズシップの宿泊ツアーを抽選で受け付けている。

近畿日本ツーリストの例:
2020 WONDER JOURNEY! 東京2020オリンピック競技観戦・制覇シリーズ(抽選販売)
東京2020オリンピック公式観戦ツアー発売記念商品として近畿日本ツーリストとクラブツーリズムのアイデアとノウハウを結集し、ワクワクした競技観戦を提案する制覇シリーズ」
競技観戦に加えて、競技にまつわるルールや歴史、選手、技を楽しめる方法、競技会場や各所での催し物など会期中ならではの“まち”体験などをサポート。
抽選販売受付期間:2019年7月24日〜2019年9月6日

JTBの例:
「東京2020オリンピック観戦チケット付ホテルシップ宿泊プラン」の購入権(抽選)
エントリー期間内に応募すると「東京2020オリンピック公式観戦ツアー(観戦チケット付ホテルシップ宿泊プラン)(※)」をご購入いただける権利が合計504組1,008名様に当たる。豪華客船のスイートルームも選択可能。
エントリー期間:2019年6月15日(土)00:00〜7月15日
おすすめオリンピック関連グッズはこちら

東京オリンピックのホテル予約サイト

五輪の東京開催が決まり、2020年のホテル予約に注目が高まっている。
一部のホテル予約サイトでは、「東京オリンピック開催記念プラン」などが企画されている。

2020年の予約については、いつの時点で予約が可能であるかは、ホテルによって異なるため、現時点では個別の問い合わせが必要となっている。

東京は、世界の中でも安全な都市と位置づけられており、海外からの予約も早い時期から埋まっていく可能性が高い。
東京にあるオリンピックホテル(オリンピックイン)というホテルは、東京神田・渋谷・麻布にあるビジネスホテルである。

観戦チケットに当選した人や2020年にオリンピック観戦を予定している人、そしてオリンピックと関係なくてもオリンピック開催時期前後に、東京に宿泊する必要のある人は、安いホテルが埋まってしまう前に、早めにホテルを予約しておくことをお勧めする。
筆者は公園や駅前広場などでやむなく夜を明かしたことが幾度となるあるが、虫や雨であまりゆっくり寝られない。
ちなみに、Booking.comでは、最安値検索のほかキャンセル無料のホテル予約が可能。Hotels.comでは、ホテル代が最大半額となるタイムセールも実施している。


 東京オリンピックのホテル予約

 オリンピックのチケット予約

 オリンピックの歴史

 東京オリンピック「観戦チケットが当たるキャンペーン」「観戦付きツアー応募」

 東京オリンピックの競技種目とオリンピックの公式チケット価格

 オリンピックではVISAカードしか使えない